相続分

複数の相続人がいる場合、どのような割合で遺産を相続するか分かりますか?

例えば、相続人が母と子の場合、母と子供2人の場合はどうでしょうか。そんなのみんな均等(母と子の場合は半分ずつ、母と子供2人の場合は3分の1ずつ)でしょ!って思いました?残念!母と子の場合は半分ずつなんですけど、母と子供2人の場合は母が半分、子供2人が残った半分について、さらに半分ずつとなります(母が2分の1、子供がそれぞれ4分の1)。どうしてこの割合になるんでしょうか。それは法律で決められているからなんです。しかも、相続人の身分(配偶者、子供等)と相続人の人数の組み合わせで、相続人それぞれの相続分が色々と異なってきます。

相続分
相続人が配偶者と子供の場合は、配偶者2分の1、子供2分の1


相続分
相続人が配偶者と夫の親の場合は、配偶者3分の2,夫の親3分の1


相続人が配偶者と夫の兄弟の場合は、配偶者4分の3、兄弟4分の1

なお、同順位の相続人間では均等の相続分となります。例えば、遺産を子供3人だけで相続する場合は3分の1ずつ、遺産を母と子供3人で相続する場合は、残りの2分の1を子供3人で3分の1ずつ(6分の1)の相続分となります。

しかし、この相続分は生前に遺言で変更したり、相続後に相続人間の遺産分割協議で変更することができます。

また、亡くなった方から生前に贈与を受けていた場合(特別受益)や生前に亡くなった方の財産の減少を防いだり、逆に財産を増加させた相続人がいる場合(寄与分)は、その相続人の相続分に変化が生じる場合があります。

そして、遺言や遺産分割協議は書面を作成する必要があります。特に遺言は方式が定められているものがあり、それを守らないと遺言の効力を持たなくなってしまう場合があります

当事務所は約20年にわたり、書類作成業務・登記業務において相続を専門に業務を行っています。
これまで数多くの相続関係書類作成・相続登記の申請代理の依頼を受け、長年の経験と知識を蓄えてきました。
まずはご相談ください!

先生の選び方

●Lineでお気軽に無料相談はこちらから

友だち追加

無料メール相談

YouTube、Instagram始めました!

YouTube
Instagram
PAGE TOP