相続問題

親族が財産を残して亡くなってしまった。どうしよう?
まず何からしたらいいのだろう?

相続が発生した時、何をどのようにしたらいいのか分からなくなってしまう多くの場合が、

①亡くなった方が家財道具、車や預金等のお金を残していた場合

② 亡くなった方が土地・建物等の不動産を残していた場合

になるかと思います。

そして「どうしよう?何からしたらいいのだろう?」という迷いは、これらの財産を「貰う」「分ける」「貰わない」といういずれかの発想が先に存在しているからだと思います。

さらに亡くなった方の親族が多数人になる場合には、遺産についてそれぞれの親族が個別に自分の意見を主張することによって、いわゆる相続問題(最近では皮肉った言い方で「争族問題」と言われています)が発生することになります。

しかし、相続は好き勝手にできるものではなく、ちゃんと法律に決まりが定められています。そして法律で決められた相続をしないと、利益を得られるはずの人が利益を得ることができなくなってしまったり、逆に不適切な相続をしたことによってすでに利益を得た人が不利益を被ってしまう場合があります。

「どうしよう?何からしたらいいのだろう?」それはまずこのような相続問題を極力発生させないようにすることです。言い換えると、法律で定められている、誰が 何を どの割合で遺産を相続できるのか、相続した後どのような手続きをとればいいのかを知ることです。

つまり「どうしよう?何からしたらいいのだろう?」の答えは、専門家へ相談ということになります。

当事務所は約20年にわたり、書類作成業務・登記業務において相続を専門に業務を行っています。
これまで数多くの相続関係書類作成・相続登記の申請代理の依頼を受け、長年の経験と知識を蓄えてきました。
まずはご相談ください!

●LINEでお気軽に無料相談はこちらから

友だち追加

無料メール相談

YouTube、Instagram 始めました!

YouTube
Instagram
PAGE TOP